カレンダー



 アマゾン

 新着記事



 コメント

 トラックバック

 カテゴリー



 アーカイブ

 リンク



 プロフィール

 モバイル

 サーチ




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク
♪ - | - | - ♪
僕なりの春色前線
201004032105000.jpg
今、僕の車には3本の笛が常備されてます。

いつも使ってる練習用のが1本。友人から沖縄土産でもらった笛が1本。それからフルート。

さすがに仕事帰ってきてからじゃ家では吹けないんで、仕事場の駐車場で練習してから帰るようにしてるんです。


ここ最近一番吹いてるのは何故かフルート。


フルート吹きたいなって思ったのは実は結構前の大学2年生の時。
その時に御茶ノ水に行って中古2万円で買ったのが今使ってるフルート。
一度高いフルート吹いてみたいねぇ〜(笑)


音は簡単に出せたんです。まぁ、笛吹いてれば当然ですよね。
けど、吹いたのを録って聴いてみて愕然としたんです。


完全に祭の音だったんです(笑)


まぁ、これも当然と言えば当然ですよね。その当時でも笛歴10年ですから(((^^;)

当時はこの笛の癖を抜くのは無理だ!!フルート奏者になるには今更遅すぎるし、笛に浸かり過ぎてると完全に諦めちゃったんです。

時は流れ、こころおとの「シャボン玉」のアレンジ中、ボサノバにはフルートだ!!と思考だけは暴走。当時今以上に本当にヘタクソだったのによくメンバーは耐えてくれたものだ(笑)

と、こころおとで一応フルートを使ってはいるんですが、先日のしずお企画で詩さんのバックで吹いて以来また熱が上がり始めました。


真剣に練習してみると、これが笛の練習にも繋がるんですよね。実に勉強になる。


「春色前線」を吹いてみたら笛で吹くよりハマっちゃった。
笛とフルートで一番綺麗聞かせられるキーでレコーディングしてみたんです。
そしたらフルートの音の太さと柔らかさが曲にぴったりだったんです。まさに春風の音。笛だと凛としすぎちゃう。
ソロ横笛奏者を名乗ってるからにはちょっと悔しいんだけどね(笑)

昨日から、ヘタクソながら綺麗に仕上がった曲をずっと聴いてます。

火曜日はフルートも持って路上に行こうかと。



そんなこころおとのリハからの帰り道。

多分、今後フルートを使う機会も増えてく気がします。



♪ - | comments(0) | - ♪
ヤツが帰ってきた!!
夕方、残り2本となってしまったオオタケコウヘイのライブを観に行く。
密かに数日前に後輩からSOPHIAのライブに誘われたんですが、それすらをも蹴って観に行く(笑)

新曲「東京ロジック」がぱねぇ。あれぞ現代のベートーヴェン!!
サビ終わりの気持ち悪い変拍子が気持ち良すぎる(笑)

そんなコーヘイは次回のライブで活動休止。

思うことは本当に色々あるんだよ・・・。
それは最後のライブの時にでも書きます。



ライブ後、一路成田へ。


ヤツが帰ってきた!!



ごっつ後藤!!


201004030233000.jpg


高校の同級生。
そしてフォーク部(とは名ばかりで実質は軽音部)部長で唯一の同い年だったヤツです。


高校時代は犬猿の仲。
事ある度に喧嘩してました。
今思えば僕らが3年時の後輩達には悪いことしましたね(((^^;)
ふたりしか居ない3年生が犬猿の仲って、最悪じゃん(笑)



そんなごっつは高校卒業後、音楽を志し上京。


僕も大学進学という大義名分を打ち立て、音楽のために上京(笑)


いざそうして地元を離れてみると連帯意識がわいてくるのか、上京後はお互いライブ観に行ったり、レコーディングに協力したりと、円満な関係に。


かと言って音楽活動が上手く行ったかっていうと、世間の水がそんな甘いはずもない(笑)
まぁ、そのへんを詳しく書いていけば一冊の本が出来ちゃうくらいの想い出はあります色々と(笑)


僕は当時Hysteric BlueとかWhiteberryみたいなガールズポップバンドがやりたくて、でも出来なくて迷走。

ごっつはごっつでV系志向でそっち系のバンドを結成するもそこまで長くは続かず、ソロでの活動も模索し始めてたみたいです。



そんな折り突然の知らせ




ごっつ、結婚!!




唖然とした(笑)


まさかこんな風な形で裏切られるとゎ(笑)



そして年月は経ち、ごっつはいつの間にか静岡へと赴き、共通の友人I氏から近況は聞いてはいたのだが、音楽やめたくせに、現役ミュージシャンの僕なんかよりもよっぽどロックな・・むしろパンクな生き方を見せ付け、本日帰還。



とりあえず、おかえり。



と言ってやろう(笑)


変わってなくて安心したよ(笑)


スモーカーになってたのだけは残念だけど。



I氏と3人でご飯食べつつ、何故か勢いで夜の成田山へ(笑)

P1000830.jpg

P1000832.jpg


高校時代に戻ったみたいだ(笑)
高校の時も、オールして行くところなくなると成田山行ったもんです(笑)
そんくらいなんもない街だったの当時の成田って。




なんかね、久しぶりにパワーもらったよ。
5/22の笛の公演来てくれるらしいし、また頑張ろうって思えました。

そんな夜。



♪ - | comments(0) | - ♪
4月スタート
201004012317000.jpg
俺もここにいる!! byかざみー





さぁ、4月です。
1年の4分の1が終わっちゃったんだな。早すぎる。



とりあえずぐったり(;´д`)
はー疲れた。
馬車馬の如く働かされました。
今日はさっさと寝ましょ。



♪ - | comments(0) | - ♪
把瑠都大関昇進
大関の3/5が外国人とは・・・。


把瑠都が大関昇進。
関取昇進の頃から後の大関横綱だと騒がれてたし、びっくりはしません。むしろ遅すぎるくらいでないかな?
膝やった時はダメかなぁ?と思ったけど、よく復活してきたもんです。

第2の朝青龍にならないように・・・。
日馬富士も若干そーゆー気配があるから心配なんだけど、僕は把瑠都もそーゆー風になっちゃうんじゃないかと密かに気になっているのです(>_<)
みのるほど頭を垂れる稲穂かな。ってね。


何にせよ、これで上がるべきひとは全員上がったと僕は思います。
あとはこれからがどうなるか。
朝青龍がこれほど早く引退するのだけは予想外だったけれど、朝青龍引退で空位になった横綱の座を次に射止めるのは誰か。
そして不甲斐ない日本人力士、稀勢の里、琴奨菊、豊ノ島、豪栄道あたりがどう動くのか。
1年後にまだ三役と平幕をふらふらしてるようならホントに愛想尽きちゃうわ。
あとは白鵬がどのような横綱になっていくか、これも非常に楽しみです。



写真は何年か前、成田巡業でもらった把瑠都のサイン↓↓

P1000825.jpg


辛うじて「把」が読めるけど、「瑠都」は全く読めません(((^^;)

ちなみに把瑠都と僕、同じ11月5日生まれです(笑)


♪ - | comments(0) | - ♪
オフ
201003310026000.jpg
釣り行って、レコーディングして・・・。

そんな休日。

来週はまた路上出ようかな。


おやすみ(ρ_-)ノ




♪ - | comments(0) | - ♪
男はでっかく!!
201003300033000.jpg
ビッグベイトを購入。
だって7割引だったんだもん(((^_^;)


こんなデカくてもブラックバス用なのです。




ブラックバス



真冬の高級魚。



冬場には幻の魚と化す生きた宝石(笑)



明日はコイツをブン投げに行こう!!






仕事場にキジが現れました↓↓

P1000823.jpg
物凄い逃げ足の早さでした。




♪ - | comments(0) | - ♪
no title
201003282214000.jpg
東京ではもう随分桜が咲き始めてましたが、佐原でもようやく開花です。



今年も3月28日がやってきました。


あの時、同じように咲き始めてた桜を見てオカンが言った「桜が咲くと思い出すんだろうね」って一言が未だに忘れられない。
ホント、何て時期に逝ってくれたんだウチのクソ親父は(笑)


2年経って、ようやくこーゆー風に笑えるようになりました。



元気でやってますよ、俺は。




♪ - | comments(0) | - ♪
iPod2号
201003280243000.jpg
僕の生活に欠かせないipod。
風見鶏で初めて「お仕事」として引き受けたライブのギャラで購入した物です。
結構旧式のipod miniってヤツなんですが、そんな想い出の品であることと、この黄緑のカラーリングが非常にお気に入りでずっと使ってたのですが、ここ数ヵ月は常に充電してないとすぐ電源が落ちちゃうまでになってしまいました(涙)


よし、この際最新型を買おう!!

と、電気屋さんで見てみたら、僕のPCのOSで最新型は使えないことが発覚(T_T)

ちなみに、今まで使ってたipod買った時も、当時僕のPCに入っていたWindows Meでは使えず、2000に入れ換えたのですよ。



八方塞がり。
PCなんか当分買えないし・・・。


そんな時、僕のと同型色違いのipodを使ってたヤツをふと思い出す。



kuniy。

確か使わなくなってまゆげあげたって言ってたな・・・とまゆげに交渉。



俺:あれ、使ってる?


まゆげ:全然使ってない(笑)







よし!!もらったぁ〜(笑)




事情を説明すると、幸いにも快諾。今日手元に来ました。
こころおとメンバー3人の手を渡ってきたピンクのipod。
俺が最期まで使ってやるからな。


ここ最近はポータブルCDプレーヤー持ち歩いてたんですが、そんな生活もようやく終わります\(^o^)/
路上やるのもすっごい楽になります。

まゆげ、ありがとうっっ(>_<)

ちなみに黄緑の1号機も充電器繋ぎっぱならまだまだ使えるんで、使いますよ〜。
まさかこの俺がipod2台使いとは・・・(笑)




続きを読む >>
♪ - | comments(2) | - ♪
JB Top50開幕
201003262338000.jpg
ハンクルのスピナーベイトがまさかの6割引(゜ロ゜)
そりゃ買っちゃうでしょ。

釣れるかな〜。

ここ最近全然釣り行けてない。
二週間くらい前には、川行ってみたものの花粉で釣りどころじゃなくて即撤収。
僕、SignTVで釣り担当なのに、レギュラー就任以来まだ1匹も釣っていない(T_T)
というか、今年まだ1匹も釣ってない(>_<)

YABAIんでないか?
いい加減釣り行く時間が欲しい。。。



さてさて、そんなわけで只今釣り行き願望上昇中なんですが、僕にさらに火をつけたのが今日開幕したJB Top50。

日本最大のブラックバスのプロトーナメント団体「JB」の最上級カテゴリーが「Top50」。
一般にはあまり知られてないですが、釣りにもプロが存在するのですよ。



去年の開幕戦は相羽さんのまさかの不正発覚→除名処分という飛んだ展開になりました。

今年初日の今日は星野プロが唯一6kgオーバーを持ち込み1位。

僕が応援してる江口俊介プロは・・・





2位!!




ぬぉぉ(゜ロ゜)



頑張れエグシュン!!
今年こそ年間優勝っ!!



あぁぁ、ホント釣り行きたい。



♪ - | comments(0) | - ♪
詩さんの春色前線
image030.jpg
最近、何故かアンモナイトに魅了されてる聡兄さんです。
1個欲しい(笑)





さてさて、今日は詩さんのライブを観てきました。

競演に金井さんYutaという素敵な面々。



先日のしずお企画の為に合作(詞:詩さん、曲:僕)した新曲「春色前線」の、詩さんソロバージョンのお披露目だったのです。



なんて言うか不思議な気分。
物凄〜く嬉しいです。


当たり前ですよね、僕、普通に詩さんファンだし(笑)

そんな風に、普通に好きなアーティストが僕の曲を気に入ってくれて自分のレパートリーに入れてくれてる。
作り手冥利に尽きます。
「楽曲提供」なんていう押し付けがましいものじゃないんですもんね。
ホントにありがたいことです。



一緒にやった時はスタジオでもライブでも自分の鉄琴に手一杯で、とても聴いてる余裕なんかなかったけど、今日は客席一番前でじっくり観させてもらいました。


こないだはまだ詩さん自身も完全に曲を自分のものにしてない感じがあったけど、今日は完璧でしたね。
僕の手を完全に離れて、詩さんの曲へと昇華してました。

めっちゃ自画自賛になっちゃうけど、すっごく良い曲です(笑)
というか、詩さんが歌うからこそここまで昇華したってのも間違いなく事実だと僕は思ってます。
自分が作ったとは思えない程の曲にしてくれました。

ホント、いくら褒めても褒め足りない(笑)




またね、歌詞がすんごく良いの!!

僕、普段歌詞ってほとんど見ないんです。
それでもさすがに自分の曲にどんな歌詞が乗るかってのは当然気になるし、良いのが乗れば嬉しいし、ワケわかんないのが乗っちゃったら切なくもなるわけで。
まぁ、詩さんの歌詞が駄作になるなんてコトは今までの作品を見ればわかる通り、有り得ないけど(笑)
詩さんとオオタケコウヘイの歌詞&タイトルのセンスはホント常人離れしてると思います。
俺的作詞家2大巨頭ですな(笑)




「春色前線」なんて素敵な名前まで付けてもらっちゃってさ。


自分の曲聴いて泣きそーになるってどーゆーコトさ(笑)



とにかくっ!!



ふたりで作り上げた、1度限りのライブのためのはずだった楽曲が1度限りで終わることなく、今後も歌い続けてもらえるってことは本当に嬉しいし幸せなことです。
作者ふたりの共有財産として、僕は僕でまたこの曲を生かす手段を考えていかないとね。
詩さんならピアノと歌。僕ならインストアレンジ。
いろんな表現手段があっていいじゃん。音楽に正解はないんだからね。

これから詩さんは詩さんで素敵な「春色前線」を聴かせてくれるはず。そして僕も僕なりの「春色前線」をお届け出来たら良いです。


歌詞はそのうち詩さんのHPに載るはず(笑)
サビだけここにも掲載っ!!


続きを読む >>
♪ - | comments(0) | - ♪
Template by 魚のぼやき